TEL::06-7504-3704

ギターペグをお探しならGOTOHパーツ/KLUSON DELUXEパーツ 日本一の在庫量を誇るトレジャーパワーへお任せ!!

GOTOHパーツ 通常在庫品以外の受注オーダーも承っております。GOTOHパーツの詳細ページをご覧下さい。
もちろんGOTOH以外の商品の在庫や取り扱いリストに無い商品もお気軽にお問い合わせ下さい。

GOTOHパーツ、Klusonギターペグ等、お届け後に皆様へ安心して頂ける様、全て点検を行い発送を行っております。

 

商品検索
キーワード    価格範囲 円〜
TOPページ商品カテゴリお支払・配送について特定商取引法の表示新着情報お問い合わせカートの中
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

ショッピング

 

ウクレレ ストラップピンの取り付け

ストラップをかけて演奏をすると、ウクレレの安定度がかなり良くなります。その為、ストラップピンの取り付けを考えられた方も多いと思います。
比較的簡単な作業で取り付けが行えますので、よほど不器用で無ければご自分でも問題なくお取り付けが行えます。
※取り付けに自信の無い場合は、お近くのリペアショップでのお取り付けをおすすめ致します。

[用意する物]
ストラップピン:取り付ける個数(1〜2個)
錐やドリル:ストラップピンを取り付ける為の穴を開けるのに必要。
マスキングテープ:目印を付ける時に使います。
ノギスや定規等:サイズを測る時に使用(写真を撮り忘れました。)
+ドライバー(写真を撮り忘れました。)

ストラップピン

錐

電動ドリル

マスキングテープ

ストラップピン

電動ドリル

マスキングテープ


取り付けを行いそうな箇所にマスキングテープを貼ります。ボディエンドのセンターに貼るイメージです。
ボディの厚みを測ります。
測ったボディの中心の箇所に、ペン等で目印を入れます。

目印の箇所に真っ直ぐに穴を開けて行きます。
※開ける深さは13mm〜15mm程、出来るだけネジに近い径で、ネジより少し細めに開ける事をおすすめします。
余り深く開けると貫通してしまいますので注意深く開けて下さい。
ストラップピンを取り付ける穴が開きました。
+ドライバーでストラップピンを留めます。
取り付けた所をボディトップ側から見たらこんな感じです。
2箇所にストラップピンを取り付ける場合は、写真のいずれかに同じ要領でストラップピンを取り付けます。
個人的なおすすめは(A)の箇所です。ヒールの(A)の箇所に取り付けれるスペースが無ければ(B)へ
ヒール部へストラップピンを取り付けを行わなくても、ヘッド部分にひも状の物を用いれば、ストラップは掛けれます。
これでストラップピンの取り付けは完了です。
ストラップを使用する事により、より安定して演奏が行いやすくなりました。(^^)

 

ギターペグの種類について ギターペグ交換時の選び方
ペグの種類ってどんなのがあるの?
ペグの種類についてはこちらをご覧下さい。
ペグを交換したいけど、どう見れば良いの?
ペグの選び方についてはこちらをご覧下さい。

ギターペグ メーカー ロック式ペグ メリット デメリット
ペグのメーカーって?
メーカーをお探しの場合こちらをご覧下さい。
ロック式ペグに変えたいけど・・・等
ロック式ペグについてはこちらをご覧下さい。

ゴトーペグ 種類 GOTOH ギターペグ ボタンについて
GOTOH ギターペグの種類って?マグナムロック.って?
GOTOHの記号やポストの説明はこちらをご覧下さい。
GOTOHギターペグの受注オーダー時に
選べるボタンのカラーや形状等についてはこちら

GOTOHパーツ、ギターペグのカラー表記について ギターペグ よくあるご質問
GOTOHペグやパーツのカラー表記について
各カラーの写真をこちらのページに乗せています。
ギターペグについて、よく頂くご質問を記載しています。
ご質問前にこちらのページもご覧下さい。

タイニープロダクツオリジナルアイテムやゴトー、クルーソン、モントルー等の
ギターペグやギターパーツをお探しの場合は下記よりお探し下さい。
tiny products G.GOTOH KLUSON DELUXE Montreux

   
Schaller  GROVER  HIPSHOT  

・上記以外のメーカー・ブランドをお探しの場合はこちらのメーカー別カテゴリをご確認下さい。
・ギターパーツ等ジャンルでお探しの場合は、こちらのジャンル別カテゴリをご確認下さい。