ギターペグをお探しならGOTOHパーツ/KLUSON DELUXEパーツ 日本一の在庫量を誇るトレジャーパワーへお任せ!!

GOTOHパーツ 通常在庫品以外の受注オーダーも承っております。GOTOHパーツの詳細ページをご覧下さい。
もちろんGOTOH以外の商品の在庫や取り扱いリストに無い商品もお気軽にお問い合わせ下さい。

GOTOHパーツ、Klusonギターペグ等、お届け後に皆様へ安心して頂ける様、全て点検を行い発送を行っております。

 

商品検索
キーワード    価格範囲 円〜
TOPページ商品カテゴリお支払・配送について特定商取引法の表示新着情報お問い合わせカートの中
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

ショッピング
トレジャーパワーで人気の定番ギターペグ、売れ筋ランキングはこちら!
GOTOH
SGV510Z-MG-L5/CR/L3+R3
GOTOH
SD90MG-SL/Ni/L3+R3
GOTOH
SD91-05M/Ni/L6
GOTOH
SG301-01/CR/L3+R3
GOTOH
SG381MG-T-07/CR/L6
1:21のギア比を持つ
SGV510ZシリーズのMG
人気急上昇
Gibson LP-STD系で定番
クルーソンタイプのMG
ギア比 1:15
Fenderスタイルの定番
クルーソンタイプ
ギア比 1:15

プレイスタイルで選ぶギターペグ
ペグマエストロもおすすめ!ヴィンテージスタイルペグの売れ筋ランキングはこちら!
GOTOH
SD91-05M/Ni/L6
KLUSON DELUXE
3Per side PB/Ni/DRSL
GOTOH
SD90-SL/GG/L3+R3
KLUSON DELUXE
3Per Plate PB/Ni/DR
KLUSON DELUXE
3Per Side PB/Ni
Fenderスタイルの定番
クルーソンタイプ
ギア比 1:15
Kluson Deluxe 3:3配列
60'タイプ 2こぶ1列刻印
ギア比 1:15
クルーソンスタイル
LP-STDタイプに
ギア比 1:15

チョーキングを駆使するロックギタリストも絶賛、売れ筋 Lock Peg ランキング!
GOTOH
SGV510Z-MG-L5/CR/L3+R3
GOTOH
SD90MG-SL/Ni/L3+R3
GOTOH
SG301MG-20/CR/L3+R3
GOTOH
SG381MG-T-20/GG/L3+R3
GOTOH
SG301MG-01/GG/L3+R3
1:21のギア比を持つ
SGV510ZシリーズのMG
人気急上昇
Gibson LP-STD系で定番
クルーソンタイプのMG
ギア比 1:15
定番のSG301シリーズ
マグナムロック(MG)
ギア比 1:18

 

ペグの種類について

ギターペグを交換する際に、種類が多くて悩まれる方が多く感じています。
交換する際に多いお問い合わせが無加工で、ペグの交換を行いたいと言うご相談が多い為、 基本的な選び方を比較的簡単に記載しております。

ペグを選ぶ場合に見るポイント:その1
●交換したいギターに付いているペグを確認します。

 ペグの配列は? クルーソンタイプかロトマチックタイプかの確認です。
 配列に関しましては、メーカーにより記載が違ったりしますが、一番間違いが起こり難いのがGOTOHが記載しているLとRの表記と考えますので、当店ではL側R側で説明を行っています。

 ギターを立てた状態(ギタースタンド等に立てかけた状態)で、ギターを正面から見て、左側の配列がL側、右側の配列がR側です。
 3:3配列の場合はL3+R3、通常の6連タイプの配列はL6、レフトハンドやリバースヘッドの場合はR6となります。

       
 ロトマチック L3+R3  ロトマチック L3+R3  クルーソンタイプ L3+R3  クルーソンタイプ L6

ペグを選ぶ場合に見るポイント:その2
ギターのヘッドに開いているペグ取り付け穴の内寸を、ノギス等を用いサイズを確認します。

アングルヘッド(アコースティックギター等角度の付いている物)の場合、6弦側のヘッドの厚みも確認する方が良いです。
Vintageや手工ギター等で、稀に17mm以上の厚みのヘッドあります。その場合、選ぶペグによっては、取り付けが行えない場合がございます。
17mm以上の厚みが有る場合で、ペグの交換をご希望の場合はお気軽にご相談下さい。
   
 3:3配列(L3+R3)も6連(L6、R6)も測るのは同じです。  6弦側のヘッドの厚みを測る

クルーソンタイプ(ビンテージタイプ)やオープンバックの場合

 ギターのヘッドに開いているペグ取り付け穴のサイズの確認を行います。
 多くのクルーソンタイプ、オープンバックの場合φ8.8の取り付け穴の径になっているはずです。
 次に、ペグの留めネジのピッチを確認します。多くは23.8mmになっていると思います。
 上記の確認が出来れば、付いているペグに似たペグを探しましょう。
 
 L3+R3配列のペグはこちら、6連タイプのペグはこちら

●ロトマチックタイプの場合

 見る箇所はクルーソンタイプと同じく、ペグ取り付け穴のサイズの確認。
 ロトマチックの場合は、ペグ取り付け穴のサイズが約:φ10となっています。

 次にペグの留めネジの位置です。これは大きく分けると4種類の位置に分かれます。
 ギターを立てた状態でギターのヘッドを後ろから見た場合に、真下、斜め下、プレートの最下部の箇所から下、プレートの最下部から内側に向かって真横に出ているタイプです。

 ネジの位置が真下の場合、GOTOHSGV510シリーズ、GOTOH SG301シリーズやGROVER 102
GOTOH SGV510Z-L5/Gold/L3+R3 GOTOH SG301-20/GG/L3+R3 GROVER 102C 
GOTOH SGV510Zシリーズ GOTOH SG301シリーズ GROVER 102 Chrome 

 ネジの位置が斜め下の場合、SGL510GOTOH SG381等  
GOTOH SGL510Z-L5/CR/L3+R3 GOTOH SG381-01/CR/L3+R3
GOTOH SGL510Zシリーズ GOTOH SG381シリーズ

ネジ位置がプレートの最下部より下の場合、Schaller M6 MiniGOTOH SG360等  
Schaller M6 Mini/Chrome GOTOH SG360-01/Gold/L3+R3
Schaller M6 Mini /Chrome/L3+R3 GOTOH SG360/L3+R3シリーズ

 ネジの位置がプレートの最下部より内側に向かって横に出ている場合、Schaller M6

 L3+R3配列のペグはこちら、6連タイプのペグはこちら

ほとんどのペグが上記の確認で探せると思いますが、上記に該当しないと言う場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。

また、引き続き画像等で判り易く説明を増やして行こうと思っております。ペグ・マエストロ西田
ギターペグの種類について ギターペグ交換時の選び方
ペグの種類ってどんなのがあるの?
ペグの種類については
こちらをご覧下さい。
ペグを交換したいけど、どう見れば良いの?
ペグの選び方については
こちらをご覧下さい。

ギターペグ メーカー ロック式ペグ メリット デメリット
ペグのメーカーって?
メーカーをお探しの場合
こちらをご覧下さい。
ロック式ペグに変えたいけど・・・等
ロック式ペグについては
こちらをご覧下さい。

ゴトーペグ 種類 GOTOH ギターペグ ボタンについて
GOTOH ギターペグの種類って?マグナムロック.って?
GOTOHの記号やシャフト等の説明は
こちらをご覧下さい。
GOTOHギターペグの受注オーダー時に
選べるボタンのカラーや形状等についてはこちら

GOTOHパーツ、ギターペグのカラー表記について ギターペグ よくあるご質問
GOTOHペグやパーツのカラー表記について
各カラーの写真を
こちらのページに乗せています。
ギターペグについて、よく頂くご質問を記載しております。
ご質問前に
こちらのページもご覧下さい。

タイニープロダクツオリジナルアイテムやゴトー、クルーソン、モントルー等の
ギターペグやギターパーツをお探しの場合は下記よりお探し下さい。
tiny products G.GOTOH KLUSON DELUXE Montreux

   
Schaller  GROVER  HIPSHOT  

・上記以外のメーカー・ブランドをお探しの場合はこちらのメーカー別カテゴリをご確認下さい。
・ギターパーツ等ジャンルでお探しの場合は、こちらのジャンル別カテゴリをご確認下さい。